アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし

懐妊とは

妊娠とは、女性が身ごもることを意味し、排卵から受精、着床という流れで成立し、受精卵が子宮に着床してから発育するまでの状態とその経過を指している。懐妊、妊孕とも呼ばれる。
人間は最終月経から40週、受精後約266日で出産となる。
妊娠中は女性ホルモンに変化があり、精神的不安になりやすいため、母体の健康維持や精神状態を周囲の人間は気遣わなければならない。

周期的に成熟した卵子を送り出す排卵で、卵子の生存期間約24時間の間に精子と出会うことで受精となる。
受精後約8時間で受精卵が完成し、受精卵は細胞分裂を繰り返して、3日後子宮へと送られ、子宮に組織を根づいたことを着床と呼び、この時点で妊娠が成立する。
胎児は約38週間、子宮内の羊水に守られて育ち、胎盤が完成する15週目までは安静にしなければならない。
7週から9週目にかけてつわりがひどくなり、12週目には下腹部が膨らみ始め、16週目にはつわりがおさまり、19周目になると胎動を感じるようになり、28週目になると更におなかが膨らみ動きづらくなる。
36週目に入るとお腹が張るようになり、40週目に出産という流れとなる。

妊娠・出産といった女性のライフスタイルを専門に扱う場所の1つが、産婦人科である。
産婦人科では、お産までのサポートの他に不妊に悩む女性を対象とした不妊治療を行っている。
産婦人科の中には、不妊治療に精通した専門医が在籍しているところもある。従来までは、不妊治療に躊躇いを感じる女性も多かったようだ。
しかし、近年は産婦人科での不妊治療を希望する人が増加傾向にある。これは、科晩婚化などの影響により出産を希望する高齢の女性が増えたことも関係していると言われる。

関連リンク

排卵検査薬を専門的に取り扱っているお店は~MyBaby~

Search
Archives